事例

NEWS│詳細

NEWS詳細

石狩市エネルギー地産地消事業化モデル設備導入委託事業 完工しました。

「再生エネルギーの地産地消と防災力の強化を実現する新たな地域モデルを構築」

・蓄電池と水素を活用したエネルギー供給システムの整備による地域防災力の向上を 目指したスマートグリットシステムを建設しました。

弊社としましても、新しい再生エネルギーの工事に貢献できた事を今後の仕事に生かしていきたいと考えております。

設備全景

水素タンク

太陽光発電システム

【設備概要】

・太陽光発電システム 163.4kw

・水素システム: 水電解装置 1m3/h
燃料電池 2kW
水素タンク 1MPa未満 120Nm3
・蓄電池:50kW/168kWh
・自営線:高圧、総延長1,200m程度
・災害時運転可能時間:72h以上

NEWS
お知らせ
現場情報
アーカイブ

ページの先頭へ